全米1位の大ヒットアルバム『カミラ』をひっさげソロ初来日して、日本でもカミラ旋風を起こしたカミラ・カベロ。プライベートを中心に、7日間というロングステイ中の過ごし方を、カミラ本人がフロントロウ編集部に明かしてくれた。

1日目 100人のファンと交流→鉄板焼き

夕方頃に成田に到着。約100人のファンの前にカミラが手を振りながら現れると、大きな歓声が上がり、なかには泣き出してしまうファンも。

カミラはこの時の心境について、「私いつも、誰も待っていないだろうって思っちゃうの。だって、文化も言語も全く違う地域で自分や自分の音楽が愛されているなんて信じられないことだから。だからあんなにたくさんの人に迎えられて、『ヤッター!みんな来てくれた!』って嬉しかった(笑)」とフロントロウ編集部に明かした。

画像: 1日目 100人のファンと交流→鉄板焼き
画像: マスタードイエローのハイネックニットはTOPSHOP。

マスタードイエローのハイネックニットはTOPSHOP。

夕食の時点で「すでに丸一日寝てなくて疲労困ぱいだった(笑)」というカミラ。しかし日本のグルメを味わいたいということで、鉄板焼きを楽しみに行った。


2日目 一蘭ラーメンに感動!

リハーサルがあったこの日。リハーサル前に少しでも良いから東京観光したかったカミラは、前日の長旅の疲れを見せることなく、早起きして浅草へ。お寺を訪れ、雷門商店街のお店をのぞいて回った。

画像1: ©Camila Cabello

©Camila Cabello

そしてこの日は、ラーメン店の一蘭を訪問。豚骨ラーメンを食べたというカミラは、この話をしている時に「ほ〜〜っんとに美味しかった」と言いながらくちびるを舐めるほどだった。デザートに食べた抹茶チョコも「信じられないほど美味しかった」とコメント。グルメ面で素晴らしい思い出が残せた一日となった。


3日目 渋谷・原宿で大人買い→『Mステ』

前半はショッピングデーに。渋谷の109や原宿を訪れたカミラは、「洋服を中心にゲゲーってくらい買いまくっちゃった」とペロリと舌を出した。「身長が低い私としては、日本の洋服はサイズが合うから最高。それに、原宿は個性の違うお店がたくさんあるから好き。アメリカはチェーン店ばかりだから」と、東京の買物天国に酔いしれていた。食事面では、和食レストランの権八を訪れたほか、餃子も食べに行ったという。

画像: ©Hannah Cleeve

©Hannah Cleeve

そして夜は『ミュージック・ステーション』に生出演。放送後、帰りの片づけをしている時に他の出演者と記念撮影ができると知ったカミラが、大急ぎで髪をセットし直して撮影に挑む姿が愛らしかった。

画像1: ©Sony Music Japan International Inc

©Sony Music Japan International Inc

画像2: ©Sony Music Japan International Inc

©Sony Music Japan International Inc

画像3: ©Sony Music Japan International Inc

©Sony Music Japan International Inc


4日目 京都で一日オフ

早朝に新幹線で京都へ。前日の『ミュージック・ステーション』で京都行きを予告していたこともあり、現地ではカミラ待ちしていたファンから大好きな抹茶味のキットカットをプレゼントされるサプライズがあったという。1日かけてお寺をまわり、金閣寺では「(待っていた)ファンに見守られながら、鐘を鳴らしたんだ(笑)」とのこと。

画像2: ©Camila Cabello

©Camila Cabello

そして夜は、すき焼きを堪能。「最高に美味しかった。正直、生卵に牛肉をつけて食べることには最初は抵抗があったかな(笑)。でも食べた瞬間にその美味しさに感動!」とカミラ。


5日目 ファンイベントが大成功

フロントロウのユーザーも招待された渋谷でのファンイベントへ。「日本ダイスキー!」と何度もシャウトしてファンと交流したカミラ。滞在中、日本語や日本の地名をすぐに覚えて使う記憶力の良さを見せたカミラは、ここでもファンに教えてもらった日本語を即座に使っていた。

画像1: ©Masanori Naruse

©Masanori Naruse

画像2: ©Masanori Naruse

©Masanori Naruse

そして夕方から取材。夜は東京のナイトライフを楽しみたいということで、以前から行ってみたかったというロボット・レストランを訪問。店内では写真を撮りまくり、念願の体験を楽しんだ。

画像3: ©Camila Cabello

©Camila Cabello


6日目 半日取材&半日オフ

半日取材。翌日に早朝からのテレビ出演を控えていたこともあり、この日は早めに仕事を切り上げた。すでに滞在6日目となっていたが、カミラは、日本にここまで長く滞在した理由について、「今回は長く滞在しようと最初から決めていたの。滞在中にきちんとオフを取って、日本を見たいと思ったから。この日を将来振り返った時に、『仕事ばかりで何も見なかった』なんて言いたくないし。とくに日本のように、欧米とは全く違う特有の文化がある国を訪れたらたくさんの経験をして楽しみたいからね」と、フロントロウ編集部に説明した。


7日目 『スッキリ』→帰国

早朝から『スッキリ』に出演。ドットブラウスに黒パンツというシャープなモノトーンルックで、「ハバナ feat. ヤング・サグ」をパフォーマンスした。

画像: ©ntv_sukkiri

©ntv_sukkiri

番組出演後、日本のみんなに感謝の気持ちを伝えたいからという本人の希望で、スタッフに手伝ってもらい日本語でツイート。その後、帰国の途についた。

画像4: ©Camila Cabello

©Camila Cabello


カミラのアルバム『カミラ』は、日本のiTunesで最高1位、日本のApple Musicのランキングでトップ100にアルバムの曲が4つもランクイン中と、日本でも大ヒットを記録している。

カミラ・カベロ、Camila Cabello、性格

カミラ・カベロ|Camila Cabello
ソロ・デビュー・アルバム
『カミラ|CAMILA』
<国内盤CD>
2017年1月24日(水)発売
SICP-5611
●期間限定スペシャル・プライス2,000円+税
●ボーナス・トラック収録予定
●初回のみ特典封入予定
<配信/輸入盤CD>
発売中
iTunes購入リンク:https://itunes.apple.com/jp/album/id1321216767?at=10lpgB&ct=886446870298_al&app=itunes
*iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標です。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.