人気シンガーのジャスティン・ビーバーが自慢の愛車にある事をして世間をザワつかせている。

「落書きされた!?」と大騒ぎになるも…

 ジャスティン・ビーバーが所有する超高級車ランボルギーニのボディに描かれた「CASH ONLY(現金のみ)」の文字に、「誰かに落書きされた!?」と人々が騒然。ところが、あとになってこの文字はジャスティン自身の意志で描かれたものであることが発覚し、庶民との感覚の違いを見せつけた。

画像1: 「落書きされた!?」と大騒ぎになるも…

 つい先日も、この「CASH ONLY」の文字が裾に描かれたズボンをはいていたことで話題になっていたジャスティン。この「CASH ONLY」という言葉は、彼の友人でフォトグラファー兼アーティストのジョー・テルミニが今取り組んでいるアート作品のシリーズ名であることがわかっている。

画像2: 「落書きされた!?」と大騒ぎになるも…

 恐らくジャスティンのランボルギーニに描かれた「CASH ONLY」という言葉は、ズボンと同じくジョーが施したものと思われるが、その理由はいまだに不明。宣伝のためなのか、それともただ単に好きだからやっているのかはわからないが、数千万円はするであろう新車のランボルギーニにこんな落書きまがいのペイントをしてしまうなんて、やはりセレブはやることが違う。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.