6月はLGBT+への理解を深めることを目的とする「プライド月間」。そんなLGBT+の象徴であるレインボーカラーをメイクに取り入れる人たちが続出中。

 6月の「プライド月間」には、アリアナ・グランデテイラー・スウィフトなど、数多くのセレブたちが反応を見せ、プライド月間をお祝い。そんなLGBT+を象徴するカラーといえばレインボー。プライド月間にぴったりなレインボーカラーを取り入れたメイクを紹介。(フロントロウ編集部)

ニューヨークで行われたプライドマーチに参加したレディー・ガガは、赤や黄色をメインにまぶたの上にレインボーシャドウをオン。

Lady Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 -


ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルであるモデルのジョセフィン・スクライバーは、目頭のハイライト変わりに黄色のアイシャドウをのせ、目元を囲むようにレインボーで彩った。


メイク男子のジェームス・チャールズは、ドラァグクイーンのメイクにレインボーカラーを加えてプライド月間をお祝い。

James Charlesさん(@jamescharles)がシェアした投稿 -


さりげなく取り入れたいなら、レインボーカラーでアイライナーとして使うのもアリ。

Davon B.さん(@dav0n_)がシェアした投稿 -

This article is a sponsored article by
''.