人気ラッパーのトラヴィス・スコットが8月にリリースしたアルバム『アストロワールド』が、発売から4ヵ月経ち再び全米アルバムチャート1位に躍り出た。その理由とは?(フロントロウ編集部)

 カイリー・ジェンナーの恋人としても知られるトラヴィス・スコット。8月にリリースしたアルバム『アストロワールド』は、2週連続全米アルバムチャートで1位に輝いた。そんな大ヒットアルバムはリリースされてから4ヵ月が経つのにもかかわらず、再び全米アルバムチャート1位に返り咲いた。4ヵ月後に同じアルバムが再び1位になるという不思議なランキングの変動には、ある理由があった。

ザ・商売人な作戦で1位に返り咲き

 トラヴィスは自身のアパレルも展開しており、ファッショナブルで人気を博している。そのためトラヴィスは、感謝祭の翌週の月曜日に行なわれるサイバーマンデーに、自身のグッズを発売。そしてTシャツやキーチェーン、フーディといった人気アイテムに、なんとアルバム『アストロワールド』をセットにつけて発売し、再び全米チャート1位に輝いた。この売り方には賛否があるものの、まさに商売人ならではの考え。

画像: 実際にグッズを着用しているトラヴィス。

実際にグッズを着用しているトラヴィス。

 そんなトラヴィスは、Billboardの最新チャートで全米アルバムチャートでもシングルチャートでも1位を獲得している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.