約5年ぶりに来日したアヴリル・ラヴィーンにフロントロウ編集部がインタビュー。難病であるライム病を発症して、2014年のサマーソニックを最後にステージから離れていたアヴリル。そんな彼女が復活アルバム『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』を引っさげて再来日。3月27日にはプレミアムファンイベント「<祝・復活!>Japan Fan Event」を開催して悲願のパフォーマンスを行なう。そんなアヴリルが、アルバムの制作秘話から、日本のファンとの交流、さらにはONE OK ROCKのRyotaと結婚した妹の話まで、フロントロウ編集部に色々と明かしてくれた。記事末でプレゼントする日本語サインを書いているときには、日本語のタトゥーを入れる話にまで発展!(フロントロウ編集部)

5年ぶりに再来日、体調のために早入りしたはずが…

 3月27日のファンイベントの約1週間も前に日本入りしたアヴリル・ラヴィーン。早朝4時の到着だったにもかかわらず、空港にはファンの姿があったという。

画像: 空港到着後にファン対応するアヴリル。©Avril Lavigne/Instagram

空港到着後にファン対応するアヴリル。©Avril Lavigne/Instagram

—日本は5年ぶりですね。どんな気分ですか?

日本に到着したときは嬉しすぎてテンションあがっちゃった。空港でファンに出迎えられたこともとても嬉しかった。時差ボケ対策のために早入りしたって言ってるけど、ショッピングをしたかったからでもあるの(笑)。

—ショッピングはしましたか?

流行りのショップを教えてほしいの!これまでは渋谷の109に行ってたんだけど、今回行ったら、個性的でロックなアイテムが見つからなくて。これから原宿に行くから、どこか見つけなきゃ!

—日本食は楽しんでますか?

しゃぶしゃぶに行ったわ。あと、チートデーだった日にピザを食べに行った。人生で初めて日本のスーパーにも行ったの。日本のスーパーは包装も陳列もすごくキレイで整頓されているよね。オーガニックスーパーだったんだけど、深夜帯に行ってほかにあまり人がいなかったから誰にも気づかれなかった。

—来日を発表されたときに闘病中も応援しつづけてくれた日本のファンに感謝していましたが、闘病中に日本のファンとの交流はありましたか?

インスタグラムやツイッターでフォローしている日本のファンが数人いて、彼らとはダイレクトメッセージでのやり取りをずっと昔から続けているわ。デビュー当時から知っている人もいて、名前や素性もぜんぶ知ってるの。今回もすでに何人かと再会したわ。花見に行ったらいて、ピザ屋までついてきてくれた(笑)。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.