ジャスティン・ビーバーの「動画検索履歴」に元恋人のセレーナ・ゴメスの名前が。目ざといファンからの指摘にイラっとした様子で反論した。(フロントロウ編集部)

 ジャスティン・ビーバーがインスタグラムストーリーで公開した動画で、ジャスティンが使用していたiPadの画面に、かつて破局と復縁を繰り返していた元恋人でシンガーのセレーナ・ゴメスの名前がちらりと映り込んでいたことに目ざといファンたちが反応。

 これに対し、ジャスティンがその理由を説明しつつ、妻のヘイリー・ビーバー(旧姓:ヘイリー・ボールドウィン)との結婚後も執拗にささやかれ続けている、彼がまだ「セレーナに未練を抱いている」という説をウンザリした様子で否定した。

 ことの発端は、ジャスティンとヘイリーがネット上で出くわした、ヘイリーの妊娠説に関する記事。

 ジャスティンは、“ジャスティン・ビーバーが妊娠の兆候がある妻ヘイリーの元を去った”という、嘘八百な記事をスマホで映し、見出し内の自分の名前のスペルが間違っていたことを「いいかげん、僕の名前を間違えるのやめてくれない? ハハハ」と皮肉たっぷりに批判。

 この動画には、ヘイリーの「私の妊娠したお腹を置いて去っていくなんてヒドすぎる…ウソ」という音声も収められており、2人が根も葉もないガセネタに辟易する様子が伝わるものだった。

 しかし、一部のファンたちは、この動画の隅の方に映り込んだジャスティンの動画検索履歴に、コーチェラ・フェスティバルでセレーナがDJスネーク、シンガーのオズナ、ラッパーのカーディ・Bとのコラボ曲「Taki Taki(タキ・タキ)」をサプライズパフォーマンスした際の動画がリストアップされていたことに騒然。

画像: ©Justin Bieber/ Instagram

©Justin Bieber/ Instagram

コーチェラ・フェスのバックステージで撮影されたセレーナ、DJスネーク、カーディ・Bのスリーショット。

 このことをあるファンがジャスティンに指摘すると、ジャスティンからは、イラつきがひしひしと伝わって来るこんな長文回答がツイッターを通じて連投された。

「妻(ヘイリー)と一緒に自分のコーチェラでのパフォーマンス動画を見てたら、その後に関連動画として出て来たんだ。彼女もコーチェラに出演したことは嬉しいし、素晴らしいことだと思ってるよ。僕には別に隠すことなんて何もないし、履歴が残ってるなんて考えもしなかった。わざとじゃないよ」

「僕が悪意をもってわざとこんなこと(セレーナの名前が映り込むようにした)をしてると思っている一部のファンもいるみたいだけど、どうか、みんな何でもかんでも深読みして、火の無いところに煙を立てるのはやめてくれないか…。
「僕が投稿した動画は、あの記事を書いた人がしたり顔で“僕がヘイリーをフッた”って書きながら、僕の名前のスペルを間違ってるのがウケると思って公開したたけだ。僕が意図的に画面をズームアウトして、わざとセレーナの名前が見えるようにして、過去のことを掘り返そうとしたなんていう憶測はあまりにもクレイジーだよ。」

「僕たちの人生は現実なんだ。君たちがウワサしているのは僕らの本当の感情についてなんだよ。まるですべてを知っているかのような行動をするのはやめてくれ。学校に行って、本を読んで、自分の人生にフォーカスしなよ」

「人々は僕の人生がどうなるかについて好き放題な幻想を抱いている。想像力を使いすぎて、変な妄想をしていろんな説を築き上げてる…。そんなのはもう終わりだ。今後はこんなやり取りには応じないよ。でも、最後にハッキリさせておきたかった。僕らは大人で、ゲームをしてるんじゃない。いつもいろんな問題が生じてくる」

 ジャスティンが、自分の一挙手一投足を世間から監視され、一部のファンたちに勝手に妄想を広げられているように感じ、何かにつけてセレーナとの過去を引き合いに出されることに、傷つき、疲れ切っているという事実が感じられるこのツイートは現在はすでに削除されてしまっている。

 このジャスティンの連続ツイートの後、ヘイリーも中傷やあらぬウワサを流そうとするネット上の悪質なユーザーたちにインスタグラムストーリー上で公開した文章の中で語気を荒げていた。

画像: ©Hailey Bieber / Instagram

©Hailey Bieber / Instagram

 「ネット上のお子様たちは、前に進む方法を学んでちょうだい。私たちは大人で、あなたたちの間違った妄想を止めさせるためにいちいち物事を説明しているヒマはないの。ストーカーみたいな赤の他人に自分の夫のことをあれこれ言われて黙っているつもりはないわ。誰かの夫について話したいんだったら、自分の夫を見つけなさいよ。おやすみ! 」

 つい先日は、自身のコーチェラ・フェスでのパフォーマンスを「口パクだ」と嘲笑した芸能記者に直接物申していたジャスティン。これまでは、世間のあらゆるウワサや非難に対して目をつぶってきたものの、最近になりSNSを通じて本音や怒りを爆発させている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.