夫との「スピード離婚」が世間を騒がせているマイリー・サイラスが、巷で囁かれている破局原因は自身の“浮気”が原因だという説を連投ツイートを通じて一刀両断した。(フロントロウ編集部)

怒涛の連投ツイート

 2018年末に10年愛を実らせて結婚しながらも、その約8ヵ月後の今年8月頭に突如破局を発表して世間を驚かせたシンガーのマイリー・サイラスと俳優のリアム・ヘムズワース

 過去に破局・復縁を繰り返してきただけに、今回もまた復縁の可能性があるのではないかと見られていた2人だが、米現地時間の8月19日付でリアムがロサンゼルスの裁判所にマイリーとの離婚を申請。このことで、今回ばかりは2人の関係は修復不可能だということが明らかになった。

 そんななか、マイリーが、世間で囁かれている、リアムとの破局原因が自身の浮気であるというウワサに真っ向から反論。10件以上におよぶツイートを連投して、自分は断固として浮気などしていないと主張した。

画像: ©Miley Cyrus/ Twitter

©Miley Cyrus/ Twitter

 以下、マイリーのツイートの全訳。

私は、自分が選んだ生き方において、愛するファンや世間の人たちに対して、何事も包み隠さず、100%正直に、オープンでいなくちゃいけないんだっていうことは自覚してる。でも、自分が犯してもいない罪を隠すために嘘をついていると言われることには耐えられない。私には隠すことなんて何もない。

20代前半の頃、私がパーティー三昧だったことは事実。煙草も吸ったし、マリファナも推奨したし、ドラッグを試してみたこともある。私のこれまでの一番のヒット曲はモーリー(※)をやって踊って、トイレでコカインを吸引することについて歌った曲。

若い頃は何もかもが滅茶苦茶で、浮気をしたこともある。

17歳の頃、マリファナを吸ったことがきっかけでウォルマート(※2)との広告契約がパーになった。

リアムの誕生日にペニス型のケーキを買って、それを舐めたことで『モンスター・ホテル』(※3)から降ろされた。

全裸でレッキング・ボール(建物解体用の鉄球)でスウィングしたことがある(※4)。

たぶん歴史上の女性たちの中で私のヌード写真が一番たくさんネット上にアップされてる。

それでも、私は、リアムと復縁して以来、彼一筋だった。これは本当。それに関して隠し事は一切ない。私はこれまでの人生経験の中からいろんな事を学んできた。私は完璧じゃない。完璧になんてなりたくもない。だってつまらないから。私はみんなの目の前で育ってきたけど、結論から言うと、私はもうれっきとした大人なの。

たいていのことは認めるけど、自分の結婚が自分の浮気によって終わったということは絶対に認めない。リアムと私は10年も一緒にいた。これは以前にも言ったけど、私はこれからもずっとリアムのことを愛し続ける。

ただ、現時点では、以前のような生活から抜け出すために、自分にとって健全な決断をしなくちゃならなかった。今、私は、久しぶりにすごく健康でハッピーな状態でいられる。みんなから、お尻を振りながらマリファナばっかり吸ってる、口の悪い田舎者って呼ばれるのは構わない。でも、私はウソつきじゃない。

自分が若かった頃とはまったく別の場所に居るって、胸を張って言えることを誇りに思う。

※1 パーティードラッグとして知られるMDMAの俗称。 ※2 世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマート(Walmart)のこと。※3 ソニー・ピクチャーズ・アニメーション製作の3DCGアニメーション映画。マイリーはメインキャラクターの1人であるドラキュラの娘メイヴィスの声を担当する予定だったが素行不良で降板。セレーナ・ゴメスが代役を果たした。※4 ヒット曲「レッキング・ボール」のMVになぞらえて。

 マイリーとリアムの破局原因に関しては、双方の関係者の間で言い分が食い違っており、マイリー側の関係者は「リアムのアルコールやドラッグの乱用やパーティー癖にある」と主張。それに対し、リアム側の関係者は、彼のアルコールやドラッグの使用を否定するとともに、マイリー側の主張を「マイリーが浮気したことを隠すためのデマ」と呼んでいる。

 マイリーとリアムが破局を発表する直前には、マイリーが休暇先のイタリアでリアムと家族ぐるみで付き合いがあったリアリティスターのケイトリン・カーターと情熱的なキスを交わす写真がパパラッチに激写されており、これがきっかけで、世間ではマイリーがケイトリンと不倫をしたのではないかとの疑惑が持ち上がった。

イタリア旅行中のマイリーとケイトリン。

 マイリーの知人は、マイリーとケイトリンのロマンスがスタートしたのは、あくまでもリアムとの関係が破綻した後だと米TMZに証言し、マイリーが不貞をはたらいたという説を否定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.