現在シーズン4が製作中の『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』に、ディズニー・チャンネルで伝説的な人気を誇るレイブン・シモーネの出演が決定した。(フロントロウ編集部)

スカーレットにレイブンがやって来る!

 ドラマ『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』は3人のミレニアル女子たちの仕事・友情・恋愛を描いた“現代版SATC”。

画像: スカーレットにレイブンがやって来る!

 3人のミレニアル世代の女性たちがスカーレットという女性誌のNYオフィスで、夢を追いながら、恋愛も楽しみ、女友達に支えられながら失敗や不安を乗り越えて成長していく姿は、見る人に生きる力を与えてくれると話題になっている。

 キャリアも恋も100%で追いかける現代の働く女子を等身大で体現している同作は、人種差別やLGBTQ+の権利といった現代の社会問題をさりげなく盛り込んでいるところも、カルチャーに敏感な最近の女性に好評。

 大人気シリーズ『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』は現在シーズン4の撮影が進行中。そんななか、ディズニー・チャンネルのスーパースター、レイブン・シモーネが本作に登場することが明かされ、番組公式SNSには、主演キャストとレイブンのグループショットが公開された。

 レイブンは、2003年に放送されたコメディ番組『レイブンの見えちゃってチョー大変!』の主人公を務め、ティーンエイジャーのスターになった人物。『レイブンの見えちゃってチョー大変!』は当時、ディズニー・チャンネル史上最高の視聴率を記録し、「ディズニーの実写オリジナルドラマは65話までしかやらない」というジンクスを打ち破った伝説的ドラマ。チャンネルの一時代を築いた人として知られ、セレーナ・ゴメスゼンデイヤなど多くの後輩セレブが「憧れの人」としてあげている。

レイブンの役どころは?

 レイブンは『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』のなかで、大成功している美容インフルエンサー、アリスとしてスカーレットにやってくる。同作は今世界的に話題な社会問題を盛り込むことで人気だけれど、このエピソードでは、文化の盗用(※)がテーマになるという。

※文化の盗用(culture appropriation)とは、あるグループに属さない人がそのグループの文化の要素を取り入れる行為。最近では、キム・カーダシアンが自身の補正下着ブランドに”KIMONO”と名付けたことで炎上した件がこれにあたる。

 シーズン4は2019年5月にアナウンスされた。主演のケイティー・スティーブンスとアイシャ・ディーとメーガン・フェイは、シーズン4でもキャリアや友情、恋愛のバランスを取りながらスカーレットという女性誌で成功を収めようと奮闘する。

画像: カナダで撮影するサットン役メーガンとリチャード役サミュエル・ペイジ

カナダで撮影するサットン役メーガンとリチャード役サミュエル・ペイジ

 カナダで撮影がスタートしたときには、主演3人が番組の公式SNSでファンにコメントを寄せ、ケイティは「みんなにとって最高なことが起こるわよ」とファンをワクワクさせた。

 『NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち』のシーズン4は、2020年に全米で放送予定。日本ではシーズン1~3がHuluで配信中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.