ヘンリー王子が現在生活の拠点としているカナダのスーパーマーケットで買い出しをする「一般人さながら」の様子が目撃された。(フロントロウ編集部)

片手にエコバッグ、もう片方の手にはサンドイッチ

 イギリス王室の高位王族の座を退き、妻メーガン妃と息子アーチーとともにカナダ・バンクーバー島で新たな生活をスタートさせたヘンリー王子

 現地での生活に次第に馴染んでいる様子のヘンリー王子が、日曜日に滞在先の邸宅からほど近いスーパーマーケットにちょっとした買い出しに出かける様子が目撃された。

 米TMZが掲載した、買い物後にスーパーから出てくる姿を激写したパパラッチ写真では、ミッドウォッシュのジーンズに軽めの黒いダウンジャケット、グレーのベースボールキャップを被ったカジュアルな出で立ちで、すっかり周囲の風景に溶け込んでいる様子のヘンリー王子。

 片手には食糧とみられる購入品が入ったエコバッグ、そしてもう片方の手には、紙袋に包まれたサンドイッチが2つ握られていた。

 心無しかうっすら笑顔を浮かべているようにも見えるヘンリー王子。

 イギリスで高位王族として活動していた頃には、自らスーパーに買い出しに出かける姿が見かけられたことはごく稀だったが、新天地では、早速、妻メーガン妃がまだ幼いアーチーの面倒を見ている間にサッと買い出しを済ませるという良き夫&パパぶりを発揮していた。

 1月の王室離脱宣言の際には、「イギリスと北米の2ヵ国を生活の拠点とする」と発表していたヘンリー王子&メーガン妃夫妻だが、米Peopleほか欧米のメディアはヘンリー王子とメーガン妃は、すでにバッキンガム宮殿の自分たちのオフィスで働いていた15人のスタッフを全員解雇したとの情報を伝えており、同オフィスは3月1日をもって正式に閉鎖する。このことからも当面は主にカナダやアメリカで生活していくのではないかとみられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.