2020年2月21日に公開された映画『スキャンダル』。米FOXニュースで実際に起きたセクハラ事件の裏側を描いた本作の「あるシーン」は、職場でセクハラを受けている女性同士が連帯できにくい姿を突き詰めたものだと監督が明かした。(フロントロウ編集部)

実際に起きたセクハラ事件の映画『スキャンダル』

 アメリカのFOXニュースで、2016年に実際に起きたセクハラ事件の裏側を描いた映画『スキャンダル』。

画像: 実際に起きたセクハラ事件の映画『スキャンダル』

 セクハラを行なっていたのは、FOXニュースのCEOでTV業界の帝王であるロジャー・エイルズだった。女性職員に「スカートは短く」「更年期の汗だくは醜い」「(性的な意味で)忠誠心をみせろ」などと暴言を吐いたり、性的嫌がらせを行ってたりしていたとして、2016年にベテランキャスターのグレッチェン・カーソンが提訴。

画像: 実際のロジャー・エイルズ元CEO(左)、グレッチェン・カールソン(右)

実際のロジャー・エイルズ元CEO(左)、グレッチェン・カールソン(右)

 その後、同じく人気キャスターのメーガン・ケリーや、その他セクハラを受けた女性たちもそれに追随し、20名以上の社員がセクハラを受けていたと告発したことで、ロジャーはCEOの職を退くことになった。

画像: 2016年、事件が起きた際の報道

2016年、事件が起きた際の報道

 本作では、ニコール・キッドマンがグレッチェン、シャーリーズ・セロンがメーガンという実在の人物を演じ、マーゴット・ロビーがケイラ・ポスピシルというセクハラに悩む映画オリジナルの新人キャスターを演じている。

 そんな『スキャンダル』を監督したジェイ・ローチ監督は、作中の「あるシーン」で、セクハラに悩む女性たちが連帯を築くことの難しさを表したという。

セクハラを受けていると言い出せない女たちの葛藤

 その「あるシーン」とは、登場人物3人が同時にエレベーター内で鉢合わせるシーン。

 まずケイラがエレベーターに乗り込むと、メーガンや他の社員もそれに相乗り。次に止まった階で乗り合わせていた社員がエレベータを降り、代わりにグレッチェンが乗り込み、偶然3人が同じ場所に居合わせることに。けれども、3人は目を合わせず、ほとんど言葉も交わせないでいる。

画像: セクハラを受けていると言い出せない女たちの葛藤

 実はこのとき、全員がセクハラを受けたか、実際に受けている最中だというにもかかわらず、それを口にすることができない。

 けれども、3人はそれぞれ順番に目配せをしたりうろたえたりした様子でお互いを見ている。そしてエレベーターは目的の階に到着し、結局何も話せないでそのシーンは終わりを告げる。

監督が考える「連帯できにくい理由」

 「女性同士の連帯やサポート」は、映画『スキャンダル』のテーマでもある。監督のジェイは、エレベーターのシーンは「女性同士の連帯」がいかに難しいものかを物語る鍵だと、米Screen Rantのインタビューで明かした。

画像1: 監督が考える「連帯できにくい理由」

 Foxニュースのセクハラ事件が話題を呼んだのは、2020年3月に性的暴行事件で禁固23年となった映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのニュースが初めて発表される1年ほど前のこと。

 当時すでに#MeToo運動は始まっていたものの、まだ軌道に乗っておらず、Foxニュースでセクハラに苦しんでいた女性社員たちは、世間からの後ろ盾なしでセクハラ問題と闘わなくてはならなかった。さらに、当時セクハラ問題を訴えることは、勝てる可能性の低いことと考えられていたこともあり、女性たちが連帯のきっかけを掴むのは非常に難しかった。

画像2: 監督が考える「連帯できにくい理由」

 その複雑な感情を表したのが、エレベーターのシーン。監督はこう語った。

「女性たちは連帯しなくてはいけなかった(中略)。でも長い間、それができなかったんだ!あのエレベーターのシーンがそのすべてを物語っている。1つのエレベーターに、ハラスメントを受けていた、あるいは今受けている3人の女性がいる。彼女たちがお互いに『ねぇ私に起きたこと、あなたも経験ある?私だったら、どう対応すればいいかのアドバイスができるから。一緒にこの男を懲らしめましょう!』ということを願うけど、仕事を続けるためには(黙っていなくては)という恐怖を彼が植え付けたせいで、彼は彼女たちを対立させることに成功していた。それこそ彼が生み出したシステムであり、カルトであり、掟。とくに、お互いに話してはいけないという秘密保持契約。これはあまりに悲劇的で緊迫したことだ。セリフがほぼないこのエレベーターのシーンこそ、それをとらえていると思う」

 また、ロジャーはCEOとして父親のような存在であり、若い女性たちのメンターであり、職業上の利益を提供することができる。しかも、そういった立場を使って性的な忠誠も手に入れることができた。ジェイ監督はそれを「不気味だとおもう」とも語った。

画像3: 監督が考える「連帯できにくい理由」

 そんな状況の中立ち上がった彼女たちを、監督は「勇敢だ」「応援しなければならない」と言っている。

 こんな状況の中立ち上がった女性の姿を描いた映画『スキャンダル』は、日本全国劇場で公開中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.