ハリソン・フォードが着用した『インディ・ジョーンズ』の帽子が米オークションで高額で落札された。(フロントロウ編集部)

ハリソン・フォード主演『インディ・ジョーンズ』シリーズ

 『インディ・ジョーンズ』シリーズは、映画『スター・ウォーズ』シリーズのハン・ソロ役として知られるハリソン・フォードが主演の大人気アドベンチャー映画。

画像: ハリソン・フォード主演『インディ・ジョーンズ』シリーズ

 映画界のレジェンド、スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスがタッグを組んで制作された本シリーズは、1981年に第1作目の映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』が、1984年に第2作目の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』が、1989年に第3作目の『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』が、2008年に第4作目の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』とが公開され、いずれも大ヒットを記録。

 現在は、第5作目が制作中で、現在78歳のハリソンが再び主演を務めることで脚光を浴びている。

 そんな本作に登場する「帽子」がアメリカのオークションサイトEntertainment Memorabilia Live Auction Los Angelesに出品され、非常に高額な値段で落札された。

『インディ・ジョーンズ』の「帽子」がオークションに出品

 その帽子とは、ご存知インディ・ジョーンズのトレードマークでもあるあのソフト帽。しかも、第2作目の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』でハリソンが実際に着用したものとあって、値段は驚くべき価格まで跳ね上がった。

画像: 『インディ・ジョーンズ』の「帽子」がオークションに出品

 当初、オークションサイトが予想していた落札価格は1,650万円(15万ドル)。しかし結果は、その倍の価格となる、約3,300万円(30万ドル)にもなった。予想の落札価格でさえかなり高額だが、あの帽子ひとつで3,300万円もの金額が動くとは、さすが大人気映画インディ・ジョーンズといえる。

 映画公開から40年ほどが経っているものの、ほんの少しのスレと経年変化以外、状態は「良好」で、帽子の内側には「IJ(インディ・ジョーンズ)」という刺しゅうが施してあるというこの帽子。少なくとも、オープニングのシーンやスタジオ撮影の際には着用されていたものだという。

 『インディ・ジョーンズ』シリーズ5作目の新作映画は、2022年公開予定。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.