映画『ウォールフラワー』や『ファンタスティック・ビースト』シリーズで知られるエズラ・ミラーだが、最近では多くの問題行動が伝えられている。彼が起こした出来事を時系列にまとめた。(フロントロウ編集部)

2020年4月 女性の首を絞めて押し倒す

 アイスランドの首都レイキャヴィークにあるバーで撮影された動画がインターネット上で拡散。そこでは、エズラ・ミラーが女性の首を掴み、絞めるようにしながら地面に押し倒す様子が収められていた。

 米Varietyがバーで働いていたという人物に取材をしたところでは、ことの原因は、エズラが「複数の厚かましいファンたち」に囲まれたことだとしている。

 この約2年後の2022年6月に、被害にあった女性が米Varietyで事件を振り返った。彼女によると、事件が起こった時には顔に唾を吐かれてもいたという。また、2人の仲裁に入り、エズラを裏口にエスコートしようとしたバーテンダーは、その際に喉を掴まれたと明かし、エズラは「誰かが自分の納得のいかないことや気に入らないことをするとすぐに、それは自分(エズラ)の責任ではなく、その人の責任だと言うんです」と語った。

2022年1月 KKKに対して不可解な動画を投稿

 白人至上主義者の団体であるKKK(クー・クラックス・クラン)に対して、エズラがSNSに不可解な動画を公開。動画はすでに削除されているが、米THRによるとエズラは以下のようなことを口にしていた。

 「なぁ、もしお前ら全員が死にたいなら、自分たちの銃で、自分たちを殺せば良い。OK?そうでないなら、今自分たちがしていることをやり続けろ。お前らは、私が何を話しているのか分かってるだろ。そして、もしそれを本当に望むのなら、私たちがそれをお前らのためにやってやる。すぐに話そう。OK。バイ」

 また、投稿のキャプションには以下のようなことが綴られていたという。

 「この動画を、関係のある人たちに拡散してください(気持ち悪い!)。これはジョークじゃないし、自分はピエロだと気がついているけど、お願いだから私を信じて、これを真剣に捉えてください。命を救おう、OK、ベイビーたち?わぁ、みんなを愛してる」

画像: 2022年1月 KKKに対して不可解な動画を投稿

2022年3月 カラオケバーで騒動を起こし逮捕・起訴

 ハワイ州ヒロにあるカラオケバーで、エズラが女性からマイクを奪い、その後ダーツをしていた男性に突進。治安びん乱とハラスメントで逮捕・起訴された

2022年3月 滞在先の夫婦から接近禁止命令が申請される

 また、ハワイ州ヒロでエズラが滞在していた家の夫婦が、エズラに対して一時的接近禁止命令を申請。地元のファーマーズマーケットで出会ったことがきっかけで、エズラは夫婦の家に滞在していたそうだが、前述の事件直後に夫婦の寝室に押し入り、「おまえとおまえの尻軽な妻を埋めてやる!」と脅迫。2人の財布やパスポートなどを盗んだ疑いも出た。

 禁止命令の申請は夫婦の依頼により、2週間後に取り下げられた

2022年4月 ワーナー・ブラザースが緊急会議

 DCコミックスのヒーローたちが活躍するユニバースDCEUで、エズラはフラッシュを演じており、単独主演映画『ザ・フラッシュ』の公開も2023年6月23日に控えている。しかしエズラのそれまでの事件をふまえて、ワーナーとDCの重役たちは、エズラが出演する今後のプロジェクトの「一時停止」で合意したと報じられた

2022年4月 暴行事件で逮捕

 ハワイ州ハワイ島のパポアにある私邸で集まりが開催され、そこでエズラが暴行事件を起こした。帰るように促されたところ、椅子を投げ、26歳の女性の額を殴って約1cmほどの切り傷を負わせたため、警察に逮捕された。

画像: 2022年4月 暴行事件で逮捕

2022年6月 12歳少女へのグルーミング疑惑

 2016年に、エズラが、当時12歳だったアメリカ先住民族のスタンディングロック・スー族の活動家トカタ・アイアン・アイズを洗脳し、アルコールや薬物を与えていたとして、少女の両親から訴えられたことが明らかに。法廷申請書のなかでは、エズラはトカタに対して性的搾取を行なうことを目的に接近して精神的に支配し(※)、薬漬けにしたと主張されている
 ※この行為はグルーミングと呼ばれる。

 薬物関連では、エズラは19歳だった2011年にマリファナの所持で逮捕されているが、その後容疑は取り下げられた。

 トカタはインスタグラムで、「私は今、実家にいるあいだに耐えざるを得なかった感情的・心理的操作の深刻さに気づいています」「私は大人です。私には自分の体に権限を持つ資格があります」と疑惑を否定しているが、両親は、トカタはスマートフォンを持っていないため、エズラが投稿したのではないかと主張している。

2022年6月 不可解な画像をSNSに投稿

 トカタへのグルーミング疑惑が浮上したものの、当時エズラの居場所は不明で、裁判所も所在を確認できていなかった。それを知ってか、エズラはSNSに5枚のミーム画像を投稿

 1枚の画像は、「人々」という人物が「自分」という人物に花束を渡そうとしており、花束には「頭痛」という文字がつけられているというもの。2枚目の画像は男性が吐いているイラストで、「誰に向かって話してんだって言うべき時に、自分が良い人だったことを思い出している自分」という文字が描かれていた。

画像: ©ezra._x_.aradia/instagram(※その後エズラはアカウントを削除した)。

©ezra._x_.aradia/instagram(※その後エズラはアカウントを削除した)。

 そして残りの3枚は文章だけの画像で、以下のような内容だった。

 「これは異次元からのメッセージだ」
 「あなたは私に触れることはできない。私は別の世界にいる」
 「私は、否定的な人々や彼らの悪意から守られている。私の精神、心、体、魂、そして成功は、誰の妬みによっても変わることはない。私は、人々が私に投げつけようとするすべての否定的なものから保護されている。無意識のうちに、そして意識的に。隠れた敵である仲間はすべて排除する」

画像: ©ezra._x_.aradia/instagram

©ezra._x_.aradia/instagram

2022年6月 エズラが関心を示した12歳の子どもと母親に保護命令

 マサチューセッツ州に住む12歳の子どもとその母親が、エズラから不適切な行為を受けたため、裁判所から保護命令を得た。

 2022年2月に親子が階下の隣人の家にいた時に、エズラと知り合ったという。しかしエズラはいきなり怒ったり、下着の下に隠していた銃を見せたりしたうえ、当時11歳だった子どもに興味を示したという。エズラはそれ以降も2人の元を訪ねており、親子は、エズラが子どもを本人の同意なく触るといった不適切な行為があったと主張している。

2022年6月 大麻と銃がある環境に4人の親子を住ませる

 エズラはバーモント州にある農場で大麻関連の会社を経営しているが、そこに25歳の母親、そして1歳、4歳、5歳の子どもたちを住まわせているとして問題に。また、米Rolling Stoneが確認した映像によると、リビングルームだけで少なくとも8丁のライフルと拳銃が確認された。

 母親は、夫で、子どもたちの父親である男性からDVを受けていたと見られており、女性はエズラへの感謝を言葉にした。

2022年8月 強盗容疑で起訴

 5月に、バーモント州の住宅に侵入してアルコールを数本窃盗した罪で起訴された

2022年8月 エズラの農場で暮らしていた親子4人が行方不明

 エズラの農場で暮らしていたという先述の親子について、3人の子どもに緊急の保護命令が出された。しかしエズラは、親子は2ヵ月前に出て行って以来帰ってきていないと主張

2022年8月 『ザ・フラッシュ』公開のために3つの可能性

 何度もエズラの問題行動が報告されていても『ザ・フラッシュ』の公開は中止にされることがなく、ワーナー・ブラザースの姿勢を疑問視する声もあがってきていた。そんななか、米THRが関係者への取材で、以下の3つの可能性が出てきていると報じた。

 (1)エズラが今後専門家の助けを借りることを選べば、ワーナー・ブラザースはエズラと面談の機会を設け、『ザ・フラッシュ』関連のメディア出演は制限したうえで、映画は予定通り劇場公開する。
 (2)エズラが助けを得なくとも劇場公開は行なう。しかしエズラをメディアに登場させることはなく、『ザ・フラッシュ』以後のプロジェクトでは別の俳優を起用する。
 (3)そして3つ目は、『ザ・フラッシュ』を公開しない。もしそうなった場合、2億ドル(約270億円)規模の映画が完全にお蔵入りになるのは前例のないことだという。

2022年8月 エズラが謝罪文発表

 エズラが沈黙を破り、謝罪文を発表。さらに治療を開始したことも明かした。

 「最近は激しく危機的な時期を経験し、今、私は複雑なメンタルヘルスの問題に苦しんでいることを理解し、治療を始めました。自分の過去の行動によって怯えさせ、動揺させたすべての人に謝罪したいです。人生において健康で、安全で、生産的な段階に戻るために必要なことに、責任を持って取り組んでいきます」

2022年8月 エズラがワーナー・ブラザース役員に謝罪

 エズラと代理人が、ワーナー・ブラザースの映画部門の役員であるパメラ・アブディとマイケル・デ・ルカと面談。エズラは、自分の行動が作品や企業にネガティブな視線を引き起こしていることを謝罪し、今後も『ザ・フラッシュ』に携わっていく方法や、映画への責任感を伝えたという。

 ワーナー・ブラザースはエズラが専門家の助けを得る選択をした場合、面談の機会を設けるとしていたため、これはそのプロセスのひとつだと見られる。

2022年9月 エズラが大御所俳優に不可解な要求

 米Vanity Fairが、エズラと長い付き合いである友人に取材をしたところ、大御所俳優のスーザン・サランドンにエズラが激怒し、ある要求をしていたことが明らかになった。

画像: 2022年9月 エズラが大御所俳優に不可解な要求

 エズラが怒った理由は、スーザンがディナーパーティーに自分を招待しなかったこと。エズラの農場には女性たちが来た時に携帯電話を置かせる祭壇があるそうで、怒ったエズラは、スーザンが自分の農場へ足を運び、祭壇に祈りを捧げるように要求したという。

 エズラの代理人は、2人は良い友人だとしたうえで、そのようウワサはバカげているとコメントした。

2022年9月 エズラとトカタは神と女神?

 また、VanityFairはエズラとトカタの関係についても調査。すると、1人の情報筋がこんな証言を残した。

 「エズラは神であり、トカタは世界滅亡のネイティブアメリカンの蜘蛛の女神で、2人が再会することは世界の滅亡を引き起こすはずです。それこそが、2人が一緒にいることにみんなが反対する“本当の”理由です」

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.