スウェーデンで起こした暴行事件で7月3日から拘束されているラッパーのエイサップ・ロッキーが、正式に暴行罪で起訴された。(フロントロウ編集部)

エイサップが正式に暴行罪で起訴される

 7月初旬にライブ出演のためにスウェーデンを訪れていたラッパーのエイサップ・ロッキーが、執拗につきまとってきた男性に対して暴行を加えたとして逮捕された事件について、エイサップと彼の取り巻き2人が正式に起訴された。

画像: エイサップが正式に暴行罪で起訴される

 スウェーデンで起きた今回の事件については、先にからんできたのは相手の男性の方であることや、劣悪な環境で身柄を拘束されているという証言が出ていることから、スウェーデン側の厳しすぎる対応が問題視されていて、ジャスティン・ビーバーら多くのセレブがエイサップの早期解放を求める声をあげ、キム・カーダシアンにいたっては、ドナルド・トランプ米大統領に一連の騒動についてスウェーデン側に働きかけるよう求めた

 しかし、スウェーデンはエイサップら3人を起訴することを正式に決定し、裁判次第ではスウェーデンの刑務所に2年間収容されることもあると米AP通信が報じている。

 一部では、エイサップが黒人だからという理由で重い罪に問われているという見解もあり、アメリカの黒人コミュニティを中心に憤りの声が多く寄せられている。

 そんなスウェーデンの決断を聞きつけたトランプ大統領は、スウェーデンの首相に向けてこうツイート。

「行動を起こせなかったステファン・ロベーン首相に心底がっかりしている。スウェーデンは我が国のアフリカ系アメリカ人コミュニティを失望させた。エイサップ・ロッキーの動画(※)を見たが、彼はトラブルメーカーたちにつきまとわれ、嫌がらせをされていた。アメリカ人を平等に扱うべきだ! #ロッキーを解放せよ」

※逮捕される直前にエイサップがインスタグラムに投稿した動画。そこには、エイサップ一行をいつまでもストーキングする男性2人の姿と、そのうちの1人にセクハラ行為を受けたと訴える女性の声が収められている。

トランプ大統領の発言が裏目に

 エイサップを解放するようスウェーデンに圧力をかける発言をしたトランプ大統領だが、彼を称賛する声が寄せられている一方で、冷ややかな視線を送るアメリカ人も多い。

 というのも、現在アメリカは、2020年に行われる米大統領選挙のキャンペーン真っ只中。トランプ大統領は再当選を狙っているだけに、このツイートは、黒人コミュニティから支持を得るための“リップサービス”にすぎないのではと考えられている。

画像: トランプ大統領の発言が裏目に

 とくに「アメリカ人を平等に扱うべきだ」という一文については、有色人種に対する差別的な発言がたびたび問題視されているトランプ大統領に対し、「どの口が言うか」といった声や、「(非白人議員に)『国に帰れ』と言った最中にこれかよ」といった反応が寄せられ、「票がほしい時だけ歩み寄ってくるからまどらわされないように」と注意喚起するコメントもあり、トランプ大統領のツイートは炎上している。

 エイサップらの判決を左右する裁判が現地時間30日に始まるまで、3人は拘留されたままだという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.