クリストファー・ノーラン監督の『バットマン』3部作でバットマンを演じたクリスチャン・ベールが、監督のために4作目の制作を拒否したと明かした。(フロントロウ編集部)

ヒーロー映画の概念を壊した『バットマン』3部作

 DCコミックスのヒーローである「バットマン」をクリスチャン・ベールが演じ、悪役として伝説のヒース・レジャー版も誕生させた、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン』3部作。

 1作目『バットマン ビギンズ』、2作目『ダークナイト』、そして3作目『ダークナイト ライジング』の3部作として人気を誇るノーラン監督のバットマンは、当初、シリーズではなく1作品で終了する予定だったそう。

画像: ⒸWARNER BROS PICTURES/LEGENDARY PICT./DC COMICS/SYNCOPY / VAUGHAN, STEPHEN / Album/Newscom

ⒸWARNER BROS PICTURES/LEGENDARY PICT./DC COMICS/SYNCOPY / VAUGHAN, STEPHEN / Album/Newscom

 しかし、『バットマン ビギンズ』の大ヒットを受けて、続編である『ダークナイト』の制作が決定。そして『ダークナイト』の大ヒットを受けて、『ダークナイト ライジング』の制作が決定した。

 クリスチャンによると、ノーラン監督にとって3部作を作ることは夢だったそう。そのため、3部作を制作することが出来たあかつきには「その後は、(シリーズから)離れよう」とたびたび言っていたという。

 だからこそ、上の方から4作目の制作を提案された時に、クリスチャンはきっぱりとこう言ったという。

「やらない。クリストファーの夢に従おう。3部作を作るという長年の夢に。シリーズを大きくしすぎず、甘やかしすぎず、4作目に進むことはせずにね」

画像: ヒーロー映画の概念を壊した『バットマン』3部作

 カナダのToronto Sunにこう語ったクリスチャン。歴代多くの有名俳優たちが演じてきたバットマンは、クリスチャンからベン・アフレックにバトンが渡され、最新バットマンは、ロバート・パティンソンが演じることに決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.