映画『ワイルド・スピード』シリーズに出演しているドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルはいつから不仲に?現在も繰り広げられるバトルについて時系列で解説。(フロントロウ編集部)

20周年となるご長寿アクションシリーズ『ワイルド・スピード』

 映画『ワイルド・スピード』は、2001年に第1作目が公開され、2021年8月6日に9作目の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が公開された人気カーアクションシリーズ。日本では『ワイスピ』という愛称でも親しまれ、多くのファンに愛されている。

 本作は、出演者を「ファミリー」と呼ぶなど、強い絆を大切にしていることを強調している。しかし、主人公であるドム役のヴィン・ディーゼルとルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソンの間には、深い確執があることで知られている。

 そんな二人のバトルについて、フロントロウ編集部が時系列で解説!

ヴィン・ディーゼル&ドウェイン・ジョンソンの確執【時系列】

2010年7月、ドウェイン・ジョンソンが『ワイスピ』シリーズに参加

画像: 2010年7月、ドウェイン・ジョンソンが『ワイスピ』シリーズに参加

 ドウェインが『ワイスピ』シリーズに加わることが判明したのは、2010年7月。ローマン役のタイリース・ギブソンがTwitterでドウェインが2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』に出演するとつ呟いたことで世間に知れ渡った。

 当時ドウェインは米Colliderのインタビューで「今回はユニバーサル・ピクチャーズと一緒に仕事をする機会であり、大成功したシリーズの一員になれて、さらにヴィン(・ディーゼル)と一緒に仕事をする機会でもあった。ヴィンのことは長いこと知っていて、俺たちはいつも一緒に何かをすることについて話してきた。無理のない、正しい機会があればってね。今回の作品は、彼にとって手ごわく、真実味のある敵を作る絶好の機会だと思った。一緒にやり合ってダンスして楽しい時間を過ごすことができると感じた」と、旧友ヴィンとの共演を嬉しそうに語っていた。

 『ワイルド・スピード MEGA MAX』はそれまでのシリーズとは一味違うアクション大作になり見事に興行的成功を収めたため、世間ではドウェインが参加したおかげでシリーズが勢いを取り戻したのではないかとウワサされた。そしてそれに呼応するように2013年に公開された『ワイルド・スピード EURO MISSION』では、ドウェイン演じるホブスがファミリーに加わった。

 2015年3月、ドウェインは米バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』に出演した際、自らを「フランチャイズ・バイアグラ(シリーズの勃起薬)」だと言い、『ワイスピ』シリーズへの貢献度の高さを誇示した。

2016年8月8日、ドウェインがSNSで“誰か”に不満を爆発させる

画像: 2016年8月8日、ドウェインがSNSで“誰か”に不満を爆発させる

 しかしその後、主演のポール・ウォーカーの悲劇的な事故死を経て公開された7作目の『ワイルド・スピード SKY MISSION』公開から約1年が経った2016年8月、ヴィンが自身のSNSで『ワイスピ』への苦言とみられる意見を発信したことから確執が発覚した

 ドウェインは映画会社と女性共演者を「最高のパートナー」「いつも素晴らしい」と褒め称える一方で、「男性共演者は話が別だ」と言い、彼らへの怒りを爆発させた。

 「プロフェッショナルで立派な男性もいるが、そうでない人間もいる。そういう連中は、それを解決する勇気すらないんだ。弱虫どもが。来年の4月に映画を観た時に俺がいくつかのシーンで演技じゃなくてマジでキレているように見えたら、それ、マジだからな」

 タイミング的に考えると、これは『ワイルド・スピード ICE BREAK』での撮影についての苦言とみられる。そしてこのツイートはのちに削除された。

 この時点では一体ドウェインが誰にキレているのか判明しておらず、世間に激震が走った。

2016年8月11日前後、ヴィンの勤務態度の悪さが報じられる

画像: 2016年8月11日前後、ヴィンの勤務態度の悪さが報じられる

 ドウェインの怒りの投稿の数日後、米TMZなどによって、彼の怒りはヴィンの勤務態度にあると報じられた。

 情報によるとヴィンは、時間通りに現場に到着しているにもかかわらずトレーラーにひきこもり、撮影を30分〜1時間ほど遅らせるといった行為を繰り返していたようで、ドウェインだけでなく、スタッフも困っていたもよう。しかもヴィンは『ワイルド・スピード ICE BREAK』のプロデューサーでもあったため、誰も注意ができないでいたという。

 また、米Page Sixによると「ヴィンは遅刻したり、人を待たせたり、制作を延期したり、撮影現場の人々に失礼な態度をとったりと、気難しいという評判がある」そうで、撮影現場ではまるで傲慢なスターのように振る舞っていたとも報じられている。

2016年8月12、ヴィンがドウェインの不満を受けて発言

 自身の勤務態度に関するゴシップが報じられた翌日、ヴィンはインスタグラムに動画をSNSに投稿。その動画の中で「正直なところ、ちょっと待ってくれればすべてを話すよ。全てを」と、ドウェインの投稿をうけたものと考えられる発言をした。

2016年8月19日、ドウェイン、撮了報告でヴィンへの感謝をスルー

画像: 2016年8月19日、ドウェイン、撮了報告でヴィンへの感謝をスルー

 その後ドウェインはひとまず何事もなかったかのように2017年公開の『ワイルド・スピード ICE BREAK』の撮影終了を報告。

 自家用機の横に立ってポーズをとったドウェインは、「力強い作品を撮り終え、次の作品に向かう」とコメントし、F・ゲイリー・グレイ監督や、スコット・イーストウッド、ナタリー・エマニュエル、タイリース・ギブソンなどの共演者に感謝の意を述べたが、そこにヴィンの名前はなかった。

 一方ヴィンは同日の早い時間に行なわれた『ワイスピ』のFacebookライブイベントで、ホブスというキャラクターはもともとトミー・リー・ジョーンズのために書かれた役であったという秘話を話していた。

 ヴィンによると、彼が5作目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を制作していた頃に、ファンに「誰と一緒にやるべきか?」と質問したところ、ある少女がドウェインの名前を挙げて、「あなたたちが大きなスクリーンで一緒に働く姿が見たいと思っている」とコメントしたのがドウェイン採用のきっかけだったという。

2016年9月、ミシェル・ロドリゲスが不仲を認める

画像: 2016年9月、ミシェル・ロドリゲスが不仲を認める

 レティ役のミシェル・ロドリゲスは米Peopleのインタビューで「男性の本質を知っている人間なら誰でも、この状況には首を突っ込まず、彼ら自身に解決させるでしょう」とコメントして確執の存在を認めた。

 「彼らは“兄弟”なの」と言った彼女は、「最終的には友達でさえ、世界中の多文化の人々のための映画を作るにあたって、お互いの違いを念頭に置かなければならない段階に達する」と、二人の確執はある程度仕方ないものであるという見解を示した。

2016年11月、ドウェインが「確執」は宣伝になったとコメント

 2016年11月の米Los Angeles Timesのインタビューで、ドウェインは、この確執が少なくとも部分的には『ワイルド・スピード ICE BREAK』の宣伝になったと語った。

 ドウェインは、「ユニバーサル・ピクチャーズとしては、このようなことが起こらない方が良かったのだろうか? もちろん、そのことについては話し合った。皮肉なことに、その後、彼らが追跡調査やすべての分析を行った結果、(映画に対する)関心が一気に高まり、まったく別のレベルに達したんだ」とコメントした。

2017年4月、ヴィンがコメント「ドウェインの相棒は俺だけ」

画像: 2017年4月、ヴィンがコメント「ドウェインの相棒は俺だけ」

 2017年4月、ヴィンは米USA TODAYにドウェインとの関係を語った

 「『ワイスピ』のプロデューサーとしての立場でドウェインと意見がぶつかることがあって、俺らの関係のバランスがちょっと崩れたかもしれない。それはドウェインの意図したことではない。ドウェインは俺がこのシリーズにどれだけ力を入れているか知っているし、尊重してくれる」

 映画制作にあたりトラブルはあったものの関係は良好であると不仲騒動を払拭したヴィンは、「ドウェインの人生に“ヴィン”は俺一人だ。映画界でドウェインの相棒は俺だけだ」と話した。

 一方ドウェインは米番組『ET ケヴィン・フライジャー』で、「人生と同じように、自分とは違う哲学を持って行動している人もいるんだ」と話し、確執は完全に解消していないと見られる発言をした。

2017年5月、ヴィンがドウェインに誕生日祝い 不仲説解消?

 ヴィンは5月2日、インスタグラムで45歳を迎えたドウェインへのお祝いメッセージを送った。

 ヴィンはドウェインと笑い合う写真とともに、「俺たちがやり遂げた時の写真を見返していたんだ。協力して、すごく困難なことに立ち向かったよな。誇りに思うよ…誕生日おめでとう」とインスタグラムに投稿。

 ドウェインから直接の返信はなかったものの、彼がTwitterで「誕生日メッセージを本当にありがとう」とツイートをしていたことから、二人の確執は解消されたものだと考えられていた。

2018年4月、ドウェインがヴィンと「一緒に撮影しなかった」と告白

画像: 2018年4月、ドウェインがヴィンと「一緒に撮影しなかった」と告白

 米Rolling Stoneのインタビューに答えたドウェインは、2017年に公開された8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK』でヴィンと一緒に撮影を行なわなかったのではないかというウワサに対し「それは事実だよ。全く一緒に撮影することはなかった」とコメント

 続けて、「俺のトレーラーで、ヴィンと面と向かって何回か話し合ったんだ。そこで気付いたのは、映画作りや共同作業についての考え方が根本的に違うということだ」と述べ、「時間はかかったけど、(ヴィンの意見が)はっきりと分かって良かった。また一緒に働くかどうかっていうのは置いておいて、彼の幸運を願っている」と、埋まらない両者の溝を明かした。

 さらに『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』への出演を聞かれたドウェインは、「分からない。今はスピンオフ作品(『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)に集中したい」と、本編シリーズへの今後の出演予定に関しては明言を避けた。

2019年9月、『スーパーコンボ』の成功後にヴィンに感謝

画像: 2019年9月、『スーパーコンボ』の成功後にヴィンに感謝

 2019年8月に公開されたジェイソン・ステイサムとのW主演作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のヒット後、ドウェインはインスタグラムに動画を投稿。

 彼は「最後になったけど、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』をサポートしてくれた兄弟のヴィンに感謝したいと思う。すぐに会いに行くよ、トレット」と、かなり親しげな様子。

 もしかして本当に確執は解消したのか?と思いきやその約2年後、事件は起きる。

2021年6月、ヴィンが今までのやりとりを「愛のムチ」だったと発言

画像: 2021年6月、ヴィンが今までのやりとりを「愛のムチ」だったと発言

 米Men's Healthのインタビューに答えたヴィンは、自身のドウェインに対する態度や行動を説明。これまでのことは、ドウェインが役に入るための“愛のムチ”だったと語った

 「ホブスというキャラクターを体現するのは大変だったと思う。当時の俺のアプローチは、パフォーマンスを必要なレベルまで上げるために、愛のムチをもって支援するというものだった。プロデューサーとして、映画を見た観客の人たちに、元プロレスラーで知られるドウェイン・ジョンソンが演じるキャラクターを“ドウェインとは別人”だと思わせなければならなかったんだ。ホブスはみんなにまるでレンガで殴られたような衝撃をいくつも与えた。それは俺が最も誇りに思っていることで、俺の美学でもある。そのためにたくさんの労力を要した。目指す地点に到達するために、時に厳しい態度で接する必要もあったのは事実だ。俺は自分がプロデュースする作品で最高のパフォーマンスを発揮するためなら、どんなことでもやる」

2021年7月、ドウェインはヴィンの発言に「呆れた」と大笑い

画像: 2021年7月、ドウェインはヴィンの発言に「呆れた」と大笑い

 自身が主演するディズニー映画『ジャングル・クルーズ』のプロモーションで米The Hollywood Reporterのインタビューに応じたドウェインは、ヴィンの“愛のムチ”発言について話題を振られると、「笑ったね。大声で笑ったよ。あの発言には、みんな笑っちゃったんじゃないかな。それだけは言っておく」とコメント。

 さらに、ドウェインは「みんなには幸運を祈ると伝えた。『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に関しても、10作目と11作目に関しても、俺なしで制作される残りの『ワイスピ』作品にすべてにおいてね」ともコメント。

 今後の『ワイスピ』作品には出演するつもりがないことを匂わせた。

2021年10月、ヴィンを批判して“スタッフから感謝された”とドウェイン

画像: 2021年10月、ヴィンを批判して“スタッフから感謝された”とドウェイン

 米Varietyのインタビューに答えたドウェインは公にヴィンを批判したことを“後悔しているか”と聞かれ「俺が言ったことは本心だ。間違いなく。俺は本気で思ったことしか口にしない。でも、それを公にするのは正しいことではなかった」とコメント

 そして、「大ごとになってしまった。でも、おもしろいこともあった。まるでスタッフ全員が俺のところに来て、こっそりお礼を言ってくれたり、メモを残してくれたりしたようだった。それでも俺にとって最高の日ではなかった。あれを(世間に)共有するべきではなかった。俺のポリシーに反することだった。普段の俺なら共有しない。ああいったくだらないことは世間から遠ざけるようにしているんだ。みんながそれを知る必要はない。俺にとって最高の日ではなかったというのはそういう意味」と、ヴィンがスタッフに嫌われていることを示唆する衝撃発言をした。

 それから改めて“愛のムチ”発言に触れ、「これだけは言っておく。正直、心のなかではこんなくだらないことに答えてもしかたがないと思ってる。でも、真実はこうだ。俺はこれまでにたくさんの経験を積んできた。彼(ヴィン)と違って、俺は演劇の世界からスタートしたわけじゃない。俺たちは生まれも育ちも違うし、俺はまったく異なる文化と環境で育った。そして、俺はすべてのプロジェクトに全力で取り組んでいる。もし、なにか対処しなければならない、もしくは面倒を見る必要があると感じたら、俺はそれを実行する。だから、あれ(ヴィンのインタビューでの発言)を読んだとき、ほかの人たちと同じように俺は笑った。大笑いした。みんな笑ったはずだ」とコメント。ヴィンの発言に憤りを感じている様子。

2021年10月、リュダクリスがドウェイン&ヴィンの不仲問題に思わず「本音」

画像: 2021年10月、リュダクリスがドウェイン&ヴィンの不仲問題に思わず「本音」

 ヴィンとプライベートでも親しいテズ役のリュダクリスは、面倒なことに巻き込まれたくないと思ったのか、「俺が言えるのは、俺が知るかぎり2人とも立派な大人だということ。すでにロックが自分の口で説明してるし、俺は2人の考えを代弁するつもりはない。だから、彼らの言葉に委ねてそっとしておくことにするよ」とコメント。そして、「それにこれはデリケートなシチュエーションだからね」と付け加えた。

 2016年に始まり、未だ終わりが見えないヴィンとドウェインの確執。フロントロウでは、今後もこの二人の不仲説について追っていく。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.