これまでに数々のスターを輩出してきたディズニー・チャンネル出身のシンガー、セレーナ・ゴメスが、写真加工アプリの“可愛くなれる”フィルターが必ずといっていいほど茶色い目ではなく「青い目」を推奨していることが、差別的だとして苦言を呈した。(フロントロウ編集部)

「青い目」と「茶色い目」の扱いの差に疑問

 昨年末、持病の悪化によるストレスから精神療養施設に入所したことをきっかけに、一時的に仕事をセーブするも、今年に入ってから徐々に音楽活動などを再開しているセレーナ・ゴメスが、SNSアプリ「スナップチャット」のフィルター(※)で“可愛くなれる”“盛れる”タイプのものにかぎって、必ず目の色が青く変化することに対して「元々、茶色い目の場合は?青い目じゃないと可愛くないってこと?」と苦言。
※自動的に目の大きさや肌を補正したり、顔の形や色などを加工したりして楽しむための機能。

 その一方で、いわゆる美人風の顔に加工するためのフィルター以外の、わざと顔の形を大きく変形させたり、目の大きさを異常に大きくor小さくしたりするような、醜い顔に変化させるフィルターでは目の色に変化がなかったことから、はっきりと「差別」という言葉は口にしなかったものの、「茶色い目より青い目のほうが美しい」というステレオタイプが存在することを指摘した。

画像: セレーナが指摘した「青い目」と「茶色い目」の扱いの差を証明する2枚の写真。少々わかりにくいが、左の写真ではセレーナの目が青く加工されている。

セレーナが指摘した「青い目」と「茶色い目」の扱いの差を証明する2枚の写真。少々わかりにくいが、左の写真ではセレーナの目が青く加工されている。

 最後に、ため息交じりに「みんな、茶色い目だって美しいわ」とポジティブなメッセージを口にしたセレーナ。彼女自身、茶色い目を持つことからこの扱いの差に黙っていることができなかったのだろう。

 残念ながら「インスタグラムで最もフォロワー数の多い女性」の座は、つい最近シンガーのアリアナ・グランデに奪われてしまったが、それでも世界中に計り知れないほどのフォロワーがいるセレーナがこうして問題提起したことによって、世の中には肌の色や髪の色、体形以外にも様々な差別やステレオタイプがあることが、より多くの人たちに知れ渡る機会を作った。

画像: 「青い目」と「茶色い目」の扱いの差に疑問

 ちなみに、スナップチャットの創設者はモデルのミランダ・カーの再婚相手として知られるエヴァン・スピーゲルである。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.