SELENA GOMEZ 写真で振り返るセレーナ・ゴメスの人生!ディズニーアイドル時代から現在までの発言・出演作・音楽・交際歴を総まとめ

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス最新記事

コチラをクリック

プロフィール

生年月日1992年7月22日
星座蟹座
出身地アメリカテキサス州グランドプレーリー
身長165センチ

人気記事

ディズニー・チャンネルでデビュー!一躍大人気ポップスターへ

セレーナ・ゴメス

米・テキサス州グランドプレーリー幼い頃から子役として活動し、デミ・ロヴァートと共に出演したテレビ番組『バーニー&フレンズ』でデビューを果たすと、その後、『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』などの映画作品への出演を経て、家族と共にロサンゼルスへと移住。ディズニー・チャンネルで2007年から放送されたドラマ『ウェイバリー通りのウィザードたち』の主人公アレックス役に抜擢されて、ブレイクを果たした。

セレーナ・ゴメス 『ウェイバリー通りのウィザードたち』
2008年、ニューヨークで開催されたディズニーのイベントに出席したセレーナ・ゴメス。

同じ2007年にはマイリー・サイラスが主演を務める『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』に出演したり、2009年には『サニーwithチャンス』に出演したりと、ディズニー・チャンネルのスターとして着実に人気を高めていったセレーナは、2009年にセレーナ・ゴメス&ザ・シーンとしてアーティストデビュー。同年にリリースしたデビューアルバム『キス&テル』は全米アルバムチャートで9位にランクインした。

セレーナ・ゴメス&ザ・シーン
2011年に開催されたピープルズ・チョイス・アワードにて、フェイバリット・ブレイクアウト・アーティスト賞を受賞したセレーナ・ゴメス&ザ・シーン

その後は2010年公開の映画『ラモーナのおきて』や2013年公開の映画『スプリング・ブレイカーズ』などでメインキャストに抜擢されて俳優としてさらに活躍の場を広げていった傍ら、2012年にレーナ・ゴメス&ザ・シーンとしての活動を休止。2013年にソロとして初となるアルバム『スターズ・ダンス』をリリースして、全米アルバムチャートで1位という華々しいソロデビューを飾った。

2017年にはNetflixオリジナルシリーズ『13の理由』でエグゼクティブ・プロデューサーを務めるなど、プロデュース業にも進出。2022年からディズニー・プラスのスターにて配信がスタートした、自身にとって8年ぶりとなるドラマ主演作『マーダーズ・イン・ビルディング』でもエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。一方でアーティストとしても、2021年にリリースしたスペイン語EP『Revelación(リヴェラシオン)』で初めてグラミー賞にノミネート。順調なキャリアを歩んでいる。

セレーナ・ゴメス 『マーダーズ・イン・ビルディング』
2022年、ロサンゼルスで開催された『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン2のプレミアに出席したセレーナ・ゴメス。

一時は活動休止も、持病の全身性エリテマトーデスと闘病

セレーナは2016年8月、持病である全身性エリテマトーデスのために活動休止することを発表。全身性エリテマトーデスは、指定難病に認定されている自己免疫疾患で、発熱や倦怠感といった全身的な炎症のほか、関節や皮膚、内臓などの様々な臓器の障害が一度にもしくは次々と起こる病気。2016年の11月に表舞台への復帰を果たしたセレーナは翌年、治療のために腎臓移植手術を受け、親友で俳優のフランシア・ライサから腎臓の提供を受けた。

セレーナ・ゴメス フランシア・ライサ
手術後、フランシア・ライサと病室にいる写真をインスタグラムに投稿したセレーナ。©️SelenaGomez/Instagram

また、2018年秋には、体調の悪化による不安から情緒不安定な状態となり、2週間で2度も病院に搬送されたことも。精神科に入院した後でメンタルヘルス専門の治療施設でケアを受け、11月に退所したと報じられた。セレーナは後に、この時に病院で「双極性障害」(別名「躁うつ病」)と診断を受けていたことを明らかにした。

セレーナ・ゴメス、「テイラーしか友だちがいない」発言で腎臓ドナーのフランシア・ライサとギクシャク【騒動まとめ】 セレーナが自分を愛して「他の人を救うのが夢」と言えるようになるまで【『セレーナ・ゴメス:My Mind & Me』レビュー】

インスタグラムとは距離を置いているセレーナ

2018年にサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドに抜かれるまで、インスタグラムで最もフォローされている人物だったセレーナだが、同年9月にSNSとは距離を置くことを宣言。2022年4月の時点で、「4年半にわたってネットと距離を置いている」ことを明らかにした。

セレーナ・ゴメス

セレーナはSNSから離れることを決めて以来、友人に自身のSNSアカウントを管理してもらっており、投稿が必要な時には自身の代わりに友人に投稿してもらっている。

“私に“投げ銭”しないで!セレーナ・ゴメスからファンに課金しないでと異例のお願い

コラボ相手としても引っ張りだこ!歴代の代表曲たち

ソロアーティストとして、セレーナは多くのアーティストとコラボして名曲をリリースしてきており、ゼッドとの「I Want You to Know(アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ)」やチャーリー・プースとの「We Don't Talk Anymore(ウィー・ドント・トーク・エニモア)」、カイゴとの「It Ain't Me(イット・エイント・ミー)」、マシュメロとの「Wolves(ウルヴス)」など、数多くの曲をヒットさせてきた。

セレーナ・ゴメス 子役としてデビューし、長いキャリアを誇るセレーナだが、コラボする際には相手から学ぼうとする謙虚な姿勢の持ち主で、BLACKPINKと「Ice Cream(アイスクリーム)」でコラボした際には、「私のほうが彼女たちから学ぶことが多かった」と話した。 セレーナ・ゴメス、ブラックピンクとコラボした感想に「真実」がチラリ セレーナ・ゴメス、BLACKPINKやBTSへの愛を告白

実業家としての顔も!マルチな才能を発揮しているセレーナ

アーティストや俳優、プロデューサーとしてショービジネス界で活躍している傍ら、セレーナは実業家としてコスメブランド「レア・ビューティー(Rare Beauty)」を立ち上げたり、メンタルヘルスのケアを専門にした会社「ワンダーマインド(Wondermind)」を設立したりと、実業家としても成功を収めている。

セレーナ・ゴメス

セレーナは自身の事業を通じて社会をよりよいものにすることを目指しており、レア・ビューティーの製品には、使う人がその人の“ありのままの美しさ”を表現できるようにという思いが込められていると語っているほか、同ブランドとして基金「レア・インパクト・ファンド(RARE IMPACT FUND)」も設立し、若者たちのメンタルヘルスを支援するためのプロジェクト「メンタルヘルス101」もローンチした。

セレーナ・ゴメス、新聞の『全面広告』を使って「伝えたこと」が素敵すぎる セレーナ・ゴメス、幼い頃からメイクをしていたことの『弊害』を告白

庶民的なアイテムを愛用!スキンケアやファッションのアイテムに親近感

最も有名なセレブであるセレーナだが、スキンケアやファッションのアイテムには、庶民的なものをチョイスすることも多い。このことも、セレーナが愛されている理由の1つ。

ニック・ジョナスからジャスティン・ビーバーまで、セレーナの歴代彼氏は?

ニック・ジョナス

セレーナ・ゴメス ニック・ジョナス

セレーナが初めてロマンスを報じられたお相手は、同じディズニー・チャンネル出身のニック・ジョナス。2008年に短期間だが交際していた。

テイラー・ロートナー

セレーナ・ゴメス テイラー・ロートナー
2011年にMTVビデオ・ミュージック・アワードのステージを共有するなど、破局後も関係は良好だった。

映画『トワイライト』シリーズのジェイコブ役で知られるテイラー・ロートナーとは、2009年に交際した。

ジャスティン・ビーバー

2010年から交際が報じられ、2011年に正式にカップルデビューを果たしたジャスティン・ビーバーは、セレーナの最も有名な元カレと言える。2012年には同棲をスタートさせ、ジャスティンがプロモーションのために来日した際にはセレーナもそれに帯同するも、同年からくっついたり離れたりを繰り返すことに。2014年10月にまた破局を迎えると、2人は離れ離れになった。

セレーナ・ゴメス ジャスティン・ビーバー

2人は別々の相手との交際を経て、2017年秋頃に再び復縁。一緒に年を越すなどして仲睦まじい様子だったが、2018年の春頃に破局。2人の交際は終わりを迎えた。

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの関係を2009年から総まとめ セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーとの過去について「最後の言葉」を残す セレーナ・ゴメスとヘイリー・ビーバー、“仲良しツーショット”の「裏側」が明かされる

ゼッド

セレーナ・ゴメス ゼッド

2014年に一度ジャスティンと破局したセレーナは、2015年に入ってからDJ/プロデューサーのゼッドと交際をスタート。2人はコラボ曲「I Want You to Know(アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ)」をリリースするも、短期間で破局を迎えた。

ザ・ウィークエンド

セレーナ・ゴメス ザ・ウィークエンド

2017年に交際が公になったザ・ウィークエンドとは、ファッションの祭典であるメットガラに揃って出席するなど、公の場にもたびたびカップルで登場したが、交際を公にしてからおよそ半年で破局を迎えた。

セレーナ・ゴメス、ジャスティン・ビーバーやザ・ウィークエンドとの「ツラい別れ」を振り返る

現在はシングル!

セレーナ・ゴメス

ザ・ウィークエンドとの破局後は、MCUキャプテン・アメリカ役で知られるクリス・エヴァンスとの熱愛説が囁かれたり、一般男性との交際説が囁かれたりしてきたが、2022年現在はシングルと見られている。一方で、2022年7月に30歳になったセレーナは、「結婚してママになることが私の願い」と、結婚場願望があることを明かしている。

セレーナ・ゴメスに「だから誰も私と付き合いたがらないのか」と悟らせた一件とは?

セレーナ・ゴメスの出演作品

    映画
  • 2003年:『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』
  • 2005年:『炎のテキサス・レンジャー リターンズ』
  • 2008年:『シンデレラ・ストーリー2:ドリームダンサー』
  • 2008年:『ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ』
  • 2009年:『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』
  • 2009年:『プリンセス・プロテクション・プログラム』
  • 2009年:『ウェイバリー通りのウィザードたち ザ・ムービー』
  • 2010年:『アーサーとふたつの世界の決戦』
  • 2010年:『ラモーナのおきて』
  • 2011年:『恋するモンテカルロ』
  • 2011年:『ザ・マペッツ』
  • 2012年:『モンスター・ホテル』
  • 2013年:『スプリング・ブレイカーズ』
  • 2013年:『アフターショック』
  • 2013年:『ゲッタウェイ スーパースネーク』
  • 2013年:『Searching(原題)』
  • 2014年:『そんなキミに恋してる』
  • 2014年:『君が生きた証』
  • 2015年:『モンスター・ホテル2』
  • 2015年:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
  • 2016年:『思いやりのススメ』
  • 2016年:『ネイバーズ2』
  • 2016年:『疑わしき戦い』
  • 2018年:『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』
  • 2019年:『デッド・ドント・ダイ』
  • 2019年:『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
  • 2020年:『ドクター・ドリトル』
  • 2022年:『モンスター・ホテル 変身ビームで大パニック!』
  • 2022年:『セレーナ・ゴメス:My Mind & Me』
  • テレビ番組
  • 2002年~2004年:『バーニー&フレンズ』
  • 2006年:『スイート・ライフ』
  • 2007年~2008年:『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』
  • 2007年~2012年:『ウェイバリー通りのウィザードたち』
  • 2009年:『サニーwithチャンス』
  • 2013年:『帰ってきたウィザードたち アレックスvs アレックス』
  • 2020年~:『Selena + Chef(原題)』
  • 2021年~:『マーダーズ・イン・ビルディング』
  • セレーナ・ゴメスのアルバム

      セレーナ・ゴメス&ザ・シーンとして
    • 2009年:『キス&テル』
    • 2010年:『ア・イヤー・ウィズアウト・レイン』/li>
    • 2011年:『ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン』
    • セレーナ・ゴメスとして
    • 2013年:『スターズ・ダンス』
    • 2015年:『リバイバル』
    • 2020年:『レア』
    • 他アーティストとの主なコラボシングル
    • 2015年:ゼッド feat.セレーナ・ゴメス「I Want You to Know(アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ)」
    • 2016年:チャーリー・プース feat. セレーナ・ゴメス「We Don't Talk Anymore(ウィー・ドント・トーク・エニモア)」
    • 2017年:カイゴ with セレーナ・ゴメス「It Ain't Me(イット・エイント・ミー)」
    • 2017年:マシュメロ with セレーナ・ゴメス「Wolves(ウルヴス)」
    • 2018年:DJスネイク feat. セレーナ・ゴメス,オズナ,カーディ・B「Taki Taki(タキ・タキ)」
    • 2020年:BLACKPINK&セレーナ・ゴメス「Ice Cream(アイスクリーム)」
    • 2022年:コールドプレイ&セレーナ・ゴメス「Let Somebody Go(レット・サムバディ・ゴー)」

最新記事

Continue reading

人気記事


This article is a sponsored article by
''.